デザインって何?

デザインという言葉は耳にしたことがある子も多いと思いますが、実際に何をするのか、どんなことをするのかは疑問が多いと思います。デザインの意味はよく設計(せっけい)という意味で使われます。モノやコトを企画して、そのクリエイティブな構想をかたちにしていくことです。

ポスターやロゴマークなどをデザインするグラフィックデザイナー。車や電化製品をデザインするプロダクトデザイナー。衣服などをデザインするファッションデザイナー。家やお店をデザインするインテリアデザイナー。ホームページをデザインするWEBデザイナー・・・など。こどもたちには何物にでもなれる無限の可能性を秘めています。ふしぎクリエイティブでは、そんな子供たちを応援します。

色や形を造形することがデザインと思われがちですが、実はそれだけでなくアイデアを出したり。おもしろいことを考えることこそが本当のデザインです。問題解決力とうこともデザインを勉強することで養えます。様々な授業を経験することで、こども達の感性を磨いていきます。将来デザイナーにならなくてもいろんな場面で将来に生きてくることでしょう。