芸大生ワークショップ

ふしぎcreativeでは、定期的に通常授業以外の番外編として、「芸大生ワークショップ」という企画も考えています。ふしぎcreativeの代表 野村祐介が今までに数々の学校で指導してきた教え子たちを中心に、現役芸大生・美大生とコラボレーションし、招待デザイナーの得意分野でおもしろいワークショップを行うプロジェクトです。ふしぎcreativeの生徒たちにとって通常授業では経験できない素材や、グループワークなどを経験してもらったり、招待デザイナーやアーティストにとっては自身の活動を地域に還元できる、地域貢献の機会をつくるプラットフォームの役割もつくっていきたいと考えています。

伊藤なごみさんの作品は、自然の一部になる、自然の中にあるデザインのエッセンスを探し出すことをライフワークとして活動しています。彼女の作品群は他にも、グラフィック、写真、インスタレーションなど多岐にわたり、草木染めや布や糸といった素材を使った作品もあります。こどもたちに向けてあえて紙や粘土といった素材を使わず、日常の中から造形的エッセンスを探し出して遊ぶことを伝えることが出来れば良いと思っています。髪の木プロジェクトは進行形のプロジェクトで、髪の長い子限定ですが作品のモデルになってもらう企画も考えています。
企画①「自然にかえるワークショップ」どんぐりや葉っぱを使った作品や、髪の木になろう。

自然や環境をテーマに、活動している金沢美術工芸大学在学中の森川羽月さんの作品です。現在環境デザインを専攻しており、日用品を生まれ変わらせたり、現代社会や日常に失った原風景や森を再現するインスタレーションなどを制作しています。上記の作品は色鉛筆で虹を再現した作品です。色鉛筆そのものを使用してこどもたちと共同制作できる、インスタレーション企画を考えています。
企画①「色鉛筆で虹色の森をつくろう」